トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 会社案内 > 定期報告業務サービス

定期報告業務サービス

 髙橋設計では、特殊建築物の定期調査及び報告代行の業務を承っております。
 
定期報告とは
 劇場・百貨店・ホテル・病院・共同住宅・遊技場など(これらの建物を「特殊建築物」と呼ぶ)、不特定多数の人々が利用する建物については、事故や災害が発生したとき、被害が拡大したり、第三者に危害を及ぼしたりしないよう、管理者は、定期的に建物や建築設備の状態を専門家に調査させ、その結果を特定行政庁(知事、市長)に報告しなければなりません。このことを一般に「定期報告」と呼んでいます。言わば「義務化された建物の健康診断」であり、調査者は管理者に対して維持保全の重要性を認識させる役割も担っています。
 
対象となる建物
建物の用途用途に供する階用途に供する部分の面積
劇場・映画館・演芸場
3階以上の階
主階が1階にないもの
地階
客席部分が200㎡以上
屋内観覧場・公会堂・集会場
3階以上の階
地階
客席部分が200㎡以上
病院・患者を収容型診療所
児童福祉施設等
3階以上の階
地階
2階部分が300㎡以上
旅館・ホテル
3階以上の階
地階
2階部分が300㎡以上
博物館・美術館・図書館
ボーリング場・スキー場・スケート場
水泳場・スポーツ練習場
3階以上の階
地階
2,000㎡以上
百貨店・マーケット・展示場
キャバレー・カフェー・バー
ナイトクラブ・ダンスホール・遊技場
公衆浴場・待合・料理店・飲食店
10㎡を超える物品販売業の店舗
3階以上の階
地階
2階部分が500㎡以上
延べ3,000㎡以上(注)
下宿・共同住宅・寄宿舎
3階以上の階
地階
2階部分が300㎡以上
学校・体育館
3階以上の階
地階
2,000㎡以上
事務所等
(5階建以上、延1,000㎡超)
3階以上の階
地階
面積条件なし
※上記の用途に供する部分が100㎡以下の場合は、すべて対象外
(注)その用途に供する部分が避難階のみの場合は対象外
 
調査項目
3年に一度報告するもの(岩手県では年度ごとに対象建物が定められています。)
①敷地及び地盤
②基礎・外壁・屋上・屋根
③内壁・床・天井・防火区画
④照明器具・懸垂物等
⑤居室の採光・換気
⑥避難経路・階段・屋上広場・避難バルコニー・非常用進入口
⑦排煙窓・防煙壁
⑧避雷設備・煙突
毎年報告するもの
①防火戸、防火シャッター、耐火クロススクリーン、ドレンチャー
②機械換気設備・空調設備・防火ダンパー
③排煙機・防火ダンパー・自家用発電装置
④非常用照明設備・蓄電池設備
⑤給水設備・排水設備
⑥エレベーター・エスカレーター(住戸専用は対象外)
⑦小荷物専用エレベーター(フロアタイプのみ)
⑧ジェットコースター、メリーゴーランド、観覧車等