高橋設計の公式ブログ

エアコンの選び方|運転効率がポイント

2019年9月27日(金曜日) テーマ:★必見!建築情報・設備

  エアコンを購入する際、その能力をどのようにして選びますか?その最も簡単な目安が「8~10畳用」などの表示ですよね。しかし、これは1965年の推定法に基づき、断熱や日射遮蔽がない昔の住宅を想定したもの。最近の高断熱住宅にとっては、能力を過大に見積もっている傾向があります。畳数目安につられ、冷房が効かないリスクを回避しようとついつい大きめの機種を選びがちですが、値段が高いだけでなく、ランニングコストにも影響があります。

エアコン効率.jpg

  この図は、熱負荷と運転効率の関係を示したものですが、スイッチを入れたばかりの熱負荷の大きいときだけでなく、室温が安定して負荷のかからないときも運転効率が悪いことがわかります。低負荷運転であっても連続運転しているので、決して節電されているわけではないのです。だからと言ってスイッチを止めれば、再運転の際に電気を消費してしまう。最近の断熱住宅なら、一回り小さな能力のエアコンを選び、中間能力で連続運転するのが最もコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

  尚、古いエアコンは買い替えた方が節電できると思うかもしれませんが、冷房能力については2000年以降ほとんど変わっていません。節電を考えるなら、適切な能力の機種を選び、運転負荷を中間効率の領域に集中させることが重要です。

(参考文献:アーキテクチュア2019-9-26)

 



メールアドレス

最近の記事

「あいちトリエンナーレ2019」補助金交付中止?

「あいちトリエンナーレ2019」補助金交付中止?

2019年9月27日(金曜日)

高断熱住宅は夏に涼しいか?

高断熱住宅は夏に涼しいか?

2019年8月29日(木曜日)

特殊形状にも対応|ユニオンシステムSS7導入

特殊形状にも対応|ユニオンシステムSS7導入

2019年8月29日(木曜日)

職人危機対策としてのBIM

職人危機対策としてのBIM

2019年7月12日(金曜日)

社内ゼミ|設計説明スタディ

社内ゼミ|設計説明スタディ

2019年7月 3日(水曜日)