大スパンの執務スペースを実現

高橋設計の公式ブログ > ★必見!設計&工事内容  »  ・C社社屋 > 大スパンの執務スペースを実現

大スパンの執務スペースを実現

2015年7月16日(木曜日) テーマ:★必見!設計&工事内容・C社社屋

  オフィスビルの計画には、レイアウトを自由に出来る構造が求められます。新築時のレイアウトは勿論ですが、将来の変更にも対応できるよう、執務スペースは出来る限り大スパンにして、柱をなくしたいものです。

  そこでC社は、大スパンの執務スペースの廻りに小スパンのコアやエントランスを配置しました。そうすることで、大梁中央部のたわみや応力を抑えるとともに、建物周辺部の基礎を小さくし、境界線に近づけやすくなっています。また、2階と3階の片持ち梁についても、外端の応力バランスを取る部材として有効に活用されています。

スパンニング.jpg

メールアドレス

関連記事

ついに完成!

ついに完成!

2016年4月 1日(金曜日)

市街地での鉄骨建て方

市街地での鉄骨建て方

2015年10月15日(木曜日)

大スパンの執務スペースを実現

大スパンの執務スペースを実現

2015年7月16日(木曜日)

段差を活かしたこだわりの建築デザイン

段差を活かしたこだわりの建築デザイン

2015年7月14日(火曜日)