段差を活かしたこだわりの建築デザイン

高橋設計の公式ブログ > ★必見!設計&工事内容  »  ・C社社屋 > 段差を活かしたこだわりの建築デザイン

段差を活かしたこだわりの建築デザイン

2015年7月14日(火曜日) テーマ:★必見!設計&工事内容・C社社屋

  C社様の社屋改築に関する設計や工事上の特色について紹介を始めます。

  建設地は前面道路より1.2mほど下がっていて、この段差を上手く活かすことが設計上最大のポイントとなりました。そこで、1階は階高を小さくして駐車スペースとし、お客様に対するメインフロアを2階に計画しました。

  そのせいで、よくある閉鎖的な商業ビルにならないよう、アプローチ部分を前面道路に大きく露出し、歩道に面した一角をパブリックスペースとして提供。開放的なファサードにすることで、お客様を気軽にメインフロアに誘導します。

C社パース600.jpg

メールアドレス

関連記事

ついに完成!

ついに完成!

2016年4月 1日(金曜日)

市街地での鉄骨建て方

市街地での鉄骨建て方

2015年10月15日(木曜日)

大スパンの執務スペースを実現

大スパンの執務スペースを実現

2015年7月16日(木曜日)

段差を活かしたこだわりの建築デザイン

段差を活かしたこだわりの建築デザイン

2015年7月14日(火曜日)