市街地での鉄骨建て方

高橋設計の公式ブログ > ★必見!設計&工事内容  »  ・C社社屋 > 市街地での鉄骨建て方

市街地での鉄骨建て方

2015年10月15日(木曜日) テーマ:★必見!設計&工事内容・C社社屋

   C社社屋は、空地がほとんど残らず敷地一杯に計画されました。建設地が市街地ですから、珍しいことではありませんね。従って鉄骨の立て方に配慮が必要になります。

鉄骨建方1.jpg

   C社社屋は、構造の特徴である周辺の短スパン部分から立て始めました。写真でわかるように、周辺部分は早い段階で最上階まで組み立ててしまいます。ちなみに、中央に見える未施工部分(ポッカリ床が抜けている部分)が執務スペースであり、中間の大梁に連続梁を使用して約10m四方の柱のないスペースを各階に設けました。

鉄骨建方2.jpg

メールアドレス

関連記事

ついに完成!

ついに完成!

2016年4月 1日(金曜日)

市街地での鉄骨建て方

市街地での鉄骨建て方

2015年10月15日(木曜日)

大スパンの執務スペースを実現

大スパンの執務スペースを実現

2015年7月16日(木曜日)

段差を活かしたこだわりの建築デザイン

段差を活かしたこだわりの建築デザイン

2015年7月14日(火曜日)