外壁の構造|防水・気密・耐震

高橋設計の公式ブログ > ★必見!設計&工事内容 > 外壁の構造|防水・気密・耐震

外壁の構造|防水・気密・耐震

2014年6月 6日(金曜日) テーマ:★必見!設計&工事内容・C-House

  外壁には、下地の構造用合板を張り、その上に透湿性のある防水シートを張ります。まだ施工はされていませんが、この上に通気用胴縁を取り付けてから仕上げの外壁材が張られます。構造用合板の下端(土台)と基礎コンクリートの隙間には、内側から発泡性のウレタンフォームを注入し、断熱と気密性を確保します。

透湿防水シート.jpg ウレタン吹付.jpg

  外壁下地の構造用合板はすべての外周に施工され、建物の耐震強度を確保します。この後、内側からグラスウールを壁厚一杯に挟み込みます。

構造用合板.jpg

メールアドレス

関連記事

明るく開放的な玄関

明るく開放的な玄関

2017年3月22日(水曜日)

木のぬくもりを感じる保育室

木のぬくもりを感じる保育室

2017年3月22日(水曜日)

遊戯室の大空間と多機能なギャラリー

遊戯室の大空間と多機能なギャラリー

2017年3月22日(水曜日)

機能的な木製間仕切戸

機能的な木製間仕切戸

2017年3月22日(水曜日)

ライトコートが建物内の明るさを確保

ライトコートが建物内の明るさを確保

2017年3月22日(水曜日)