間仕切より天井を優先

高橋設計の公式ブログ > ★必見!設計&工事内容  »  ・C-House > 間仕切より天井を優先

間仕切より天井を優先

2014年6月13日(金曜日) テーマ:★必見!設計&工事内容・C-House

  一般的な建物では、屋根を支える柱が外周だけでなく間仕切の中にもあるため、その間仕切が天井よりも優先され、同じ高さであってもそこで天井が分離されてしまいます。その結果、天井の断熱材や気密シートを引き通すことができず、気密性や断熱性能を損ないやすくしているのです。

  しかし、この建物は、もともと小屋だったため、内部に柱が立っていませんでした。このリフォームではそれをうまく活かし、間仕切よりも天井を優先させ、断熱材や気密シートを引き通すことにしました。それによって断熱性と気密性を完全なものにしたのです。尚、天井埋込型の照明器具等によって天井をくり貫く場所には、予め天井裏にボックスを取り付けておきました。

  ※気密の必要性については、必見!建築情報「気密|建物を断熱するなら気密は不可欠」をご覧ください。

天井下地.jpg

天井ボード.jpg

メールアドレス

関連記事

南側下屋とウッドデッキの増設

南側下屋とウッドデッキの増設

2014年12月25日(木曜日)

高性能サッシの採用

高性能サッシの採用

2014年12月22日(月曜日)

開放間仕切&廊下

開放間仕切&廊下

2014年12月22日(月曜日)

引戸採用のこだわり

引戸採用のこだわり

2014年12月19日(金曜日)

玄関フロア&靴脱ぎスペース&花台

玄関フロア&靴脱ぎスペース&花台

2014年12月19日(金曜日)