・設計技術

高橋設計の公式ブログ > ★必見!建築情報 » ・設計技術

・設計技術

BIMとの付き合い方

BIMとの付き合い方

  日経アーキテクチュア2017-5-25に「正しいBIMとの付き合い方」というタイトルで、BIM導入の参考になる記事が掲載されました。その中に、BIMの先進国=英国における設計の進…

設計事務所の未来はどうなる?|10年後の建築界

設計事務所の未来はどうなる?|10年後の建築界

   日経アーキテクチュア2016-4-14に創刊40周年記念特集として2026年の建築界について興味深い記事が掲載されました。それによると、これまで一級建築士はずっと増え…

横補剛材(鉄骨小梁)の設計

横補剛材(鉄骨小梁)の設計

   鉄骨造の建物を設計する際、注意しなければならない大切な部材として横補剛材があります。横補剛材は、鉄骨梁の横座屈を防止する部材であり、一般的には小梁がその役目を果たして…

BIMの実用性

BIMの実用性

  BIMが、実際の実務でどこまで利用できるかを説明しましょう。もはやBIMは、次に説明するように、設計から完成後まですべての段階で有効に利用できるレベルになっています。 1.設計時…

建築発注方式のトレンド|性能発注

建築発注方式のトレンド|性能発注

  最近、建築の発注者の関心が高まっている「性能発注」。これまでの建築発注方式と何が違うのか、比較しながら紹介しようと思います。   一般に建築の発注形態は、①設計・施工分…

BIMの仕組みとメリット

BIMの仕組みとメリット

  日本建築士事務所協会連合会の情報誌「日事連」の7月号を読まれた方はいらっしゃるでしょうか。今、「BIMが新しい」と言われていますが、まだ良くわからない方が多いと思います。そこで…

BIM|これからの建築設計標準

BIM|これからの建築設計標準

建築情報伝達方法の変革   今、建築工事に設計図を用いるのは常識・・・口頭だけでは正確な情報が伝わらないので当然ですが、設計作業に3DCADを使用するようになってからは、立体イメージ…

メールアドレス