職人危機対策としてのBIM

高橋設計の公式ブログ > ★必見!建築情報  »  ・設計技術 > 職人危機対策としてのBIM

職人危機対策としてのBIM

2019年7月12日(金曜日) テーマ:★必見!建築情報・設計技術

  日経アーキテクチュア2019-4-25に「職人危機・本気の一手」というタイトルで職人危機の実情と対策について掲載されました。それによると、この先も建設業の職人の減少が進み、2025年には35万人の技術者が不足するとのことです。そんな職人危機が10年もしないうちにやってくるのに、建設投資額は減少しない見込みだというから、建設業関係者は即急に対策を立てる必要がありますね。

職人不足600.jpg

  日本建設業連合会は、これを省力化技術でカバーする考えで、次の6つの生産性向上を狙っています。

①生産性を考慮した設計のつくり込み

②工場生産による現場作業の削減

③現場作業の単純化・高能率化

④作業の標準化

⑤自動化・機械化

⑥BIM・ICT活用

  当社は既にBIMの活用準備を進めていますが、国土交通省が建設現場の生産性について2025年までに20%向上させることを掲げていますので、決して大企業だけが取り組む対策ではなく、中小企業への展開が必要になるでしょう。

  発注者、設計者、施工者及び協力会社がそれぞれの目的に応じてBIMモデルを作成し、情報を共有することで、フロントローディング(検討の前倒し)が可能になり、関係者間の食い違いもなくなる。施工後のFM(ファシリティーマネジメント)にも活用できるので、誰もがBIMを使う時代は、もはや目前までやって来てるのです。

BIMの活用1200.jpg

(文献:日経アーキテクチュア2019-4-25)



メールアドレス

関連記事

職人危機対策としてのBIM

職人危機対策としてのBIM

2019年7月12日(金曜日)

BIMとの付き合い方

BIMとの付き合い方

2017年7月21日(金曜日)

設計事務所の未来はどうなる?|10年後の建築界

設計事務所の未来はどうなる?|10年後の建築界

2016年5月18日(水曜日)

横補剛材(鉄骨小梁)の設計

横補剛材(鉄骨小梁)の設計

2015年10月23日(金曜日)

BIMの実用性

BIMの実用性

2015年2月18日(水曜日)