断熱|快適さは室温より表面温度

高橋設計の公式ブログ > ★必見!建築情報  »  ・断熱、気密 > 断熱|快適さは室温より表面温度

断熱|快適さは室温より表面温度

2012年5月11日(金曜日) テーマ:★必見!建築情報・断熱、気密

  暖房機で部屋を暖めても何故か寒い。室温を計るとちゃんと設定温度になっているのに・・・と思っている方はいませんか?

  昔から寒い季節は暖房機を使って部屋の空気を暖めてきました。それは、ストーブやFF暖房機だけでなく、公共施設等の空調も同じ原理です。そのためか、ほとんどの方が「暖房は空気を暖めること」と思い込み、快適性を温度計で計ってきました。

  ここで、バーベキューを想像してみてください。お肉を焼くのに、ガスの炎と炭火ではどのように違うでしょうか。答えは簡単ですね。ガスの炎は肉の表面だけ焦がしますが、炭火は中まで火が通ります。これは、放射熱(輻射熱)のためで、空気が冷たくても焚き火が暖かいのは同じ原理です。放射熱は、体を心から温めてくれる快適な熱線なのです。

放射熱.jpg

  人間も含め、全ての物体が放射熱を発しています。そして、身体から発せられる放射の量が増えると寒さを感じ、回りの物体から受ける放射の量が増えると暑さを感じます。これは、体に触れる空気の温度とは全く異なる原理です。

  したがって、室内の快適さは、空気を暖めたり冷やしたりする「室温」調節よりも、床壁天井の「表面温度」をコントロールすることのほうが重要です。そのため最近では、外気温の変化に影響されないよう、かなり高断熱の材料を使用するようになったのです。

  尚、高断熱にしたら夏が暑くなったとお思いの方、それは間違いです。外のアスファルトやコンクリート等の放射熱が中に入ってくるためであり、室内の表面温度が高いわけではありません。庇やすだれで日差しを遮るとか、地面に水撒きをする、芝生を植えるなど、外部の表面温度を下げる工夫が大切なのです。

(文献:日経アーキテクチュア2012-1-10より)



メールアドレス

関連記事

窓ガラスの選び方|日射熱の取得を考慮

窓ガラスの選び方|日射熱の取得を考慮

2016年6月17日(金曜日)

住宅の気密基準|測定省略は要注意!

住宅の気密基準|測定省略は要注意!

2016年3月16日(水曜日)

断熱|開口部の断熱が最も重要!

断熱|開口部の断熱が最も重要!

2013年1月22日(火曜日)

断熱|快適さは室温より表面温度

断熱|快適さは室温より表面温度

2012年5月11日(金曜日)

気密|建物を断熱するなら気密は不可欠

気密|建物を断熱するなら気密は不可欠

2011年12月28日(水曜日)