耐震天井|地震に安全な天井とは

高橋設計の公式ブログ > ★必見!建築情報  »  ・耐震 > 耐震天井|地震に安全な天井とは

耐震天井|地震に安全な天井とは

2011年9月30日(金曜日) テーマ:★必見!建築情報・耐震

東日本大震災では、各地の大きな施設で天井が落下するという事故が起きました。新耐震設計法により、比較的新しい建物は倒れないようになりましたが、それでも天井が落ちれば大怪我をします。一般の捨て張り天井は、3.5mの高さで頭蓋骨崩壊に至るそうですよ。安全性を犠牲にしてまで天井を取り付けるのですから、もっと真剣に施工方法を考える必要がありますね。

天井崩落.jpg

  施設向けの軽量鉄骨天井下地は、天井のふところが1.5m以上の場合には、吊ボルトの水平及び斜め補強を行うことになっています。しかし、これが落とし穴! 1.5m未満なら補強が要らないというのは早合点です。安全な耐震天井とは、吊り材に入れる適切なブレースとその周辺の金物補強のほか、壁とのクリアランス等も必要なのです。また、なるべく軽い天井材を使用しておくことも有効ですね。

  新築であれば総工事費の1%未満で補強できるので、専門家に相談し、安全な天井を造ることが必要です。

(文献:日経アーキテクチュア2011-6-25より)



メールアドレス

関連記事

住宅の平面計画|耐力壁の配置に要注意!

住宅の平面計画|耐力壁の配置に要注意!

2016年7月29日(金曜日)

新耐震基準で設計された住宅は安全か?

新耐震基準で設計された住宅は安全か?

2016年4月25日(月曜日)

特定天井|検証ルート選定のポイント

特定天井|検証ルート選定のポイント

2014年9月16日(火曜日)

耐震天井技術基準|国土交通省告示第771号を公布

耐震天井技術基準|国土交通省告示第771号を公布

2014年2月25日(火曜日)

構造スリット|耐震対策が漏水問題へ

構造スリット|耐震対策が漏水問題へ

2013年6月25日(火曜日)