住宅の平面計画|耐力壁の配置に要注意!

高橋設計の公式ブログ > ★必見!建築情報  »  ・耐震 > 住宅の平面計画|耐力壁の配置に要注意!

住宅の平面計画|耐力壁の配置に要注意!

2016年7月29日(金曜日) テーマ:★必見!建築情報・耐震

   現行の木造基準に沿って設計された住宅で、熊本地震で被害を受けた注目すべき点を紹介します。

   地震等の水平力によって建物が倒れないようにするため、住宅には所定の耐力壁を配置するように義務付けられています。しかし、耐力壁の配置に関する規定はありません。そのため、次のような住宅が普通に存在しています。

耐力壁の配置.jpg

   一般に南面は開口部を大きく取りたいため、耐力壁の位置が決まってしまい、必ずしも上下階で耐力壁が揃うとは限りません。しかし、このような建物は、2階の地震力がうまく基礎に伝わらないので、注意が必要です。間取りを決めるときは、なるべく上下階の壁の位置を揃えるように心がけ、それが無理な場合は、構造設計者に相談して何かしらの対策を施しましょう。

(文献:日経アーキテクチュア2016-6-9より)



メールアドレス

関連記事

ブロック塀の2/3が危険!?

ブロック塀の2/3が危険!?

2018年11月22日(木曜日)

ブロック塀の耐震強度|基準通りでも危ない?!

ブロック塀の耐震強度|基準通りでも危ない?!

2018年9月30日(日曜日)

住宅の平面計画|耐力壁の配置に要注意!

住宅の平面計画|耐力壁の配置に要注意!

2016年7月29日(金曜日)

新耐震基準で設計された住宅は安全か?

新耐震基準で設計された住宅は安全か?

2016年4月25日(月曜日)

特定天井|検証ルート選定のポイント

特定天井|検証ルート選定のポイント

2014年9月16日(火曜日)