構造スリット|耐震対策が漏水問題へ

高橋設計の公式ブログ > ★必見!建築情報 > 構造スリット|耐震対策が漏水問題へ

構造スリット|耐震対策が漏水問題へ

2013年6月25日(火曜日) テーマ:★必見!建築情報・耐震

  鉄筋コンクリート造のオフィスやマンション、学校、病院などでは、地震によって柱がせん断破壊しないようにするため、開口部の壁と柱を分離する「構造スリット」が広く採用されています。構造スリットを用いることにより、建物がラーメン構造に近い状態になり、剛性の偏りもなくなって耐震性が向上するので、構造計算上はとても便利な仕掛けなのです。

  ところが、構造スリットの施工不良が原因で漏水等の問題が発生!これは一体どういうことでしょうか。そもそも構造スリットは、壁のコンクリートを柱から切り離して隙間をつくることだから、外壁の場合はしっかりと防水しなければなりません。しかし、この構造スリット・・・施工の際、型枠にしっかり固定しないとコンクリートを打設した時に、外れてズレてしまうことがあります。

構造スリット.jpg

  予定したスリット位置に外からシーリングしても、上の図のように実際にはズレた位置にひび割れが生じてしまうのです。完成した時には気づかず、数年後に漏水してから気が付く・・・東日本大震災でこの問題が一気に表面化しました。

  構造スリットにはズレないように工夫された製品もあるので、初期コストにとらわれず、信頼性の高いものを使用することが大切です。

(文献:アーキテクチュア2013-4-25)



メールアドレス

関連記事

ブロック塀の2/3が危険!?

ブロック塀の2/3が危険!?

2018年11月22日(木曜日)

ブロック塀の耐震強度|基準通りでも危ない?!

ブロック塀の耐震強度|基準通りでも危ない?!

2018年9月30日(日曜日)

積雪荷重の割り増しは大丈夫?|国交省告示第80号関連

積雪荷重の割り増しは大丈夫?|国交省告示第80号関連

2018年3月 2日(金曜日)

地盤沈下|軽い建物でも基礎が下がる?!

地盤沈下|軽い建物でも基礎が下がる?!

2017年8月24日(木曜日)

BIMとの付き合い方

BIMとの付き合い方

2017年7月21日(金曜日)