トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 会社案内 >  品質管理・ISO

建物の品質を保証するISOのしくみ

㈱髙橋設計では、皆様に良質の空間を提供するため、ISOに取り組んでいます。
高橋設計のISO600.jpg
上図のようにPDCAのサイクルを回すことにより、
お客様に質の良い建物を提供することが可能となります。
 
P:plan
 お客様からの問合せや建築相談等に対する支援活動で、業務を契約するまでの活動を指します。それに必要な資源の準備やサービス内容のPR等も含まれます。
 
D:do
 お客様から依頼される実際の業務を指します。髙橋設計では、お客様の要望に正確に応えるため、業務の各段階で様々なレビューや検証を行なうことをISOで定めています。
 
C:check
 お客様への満足度調査をはじめ、業務の記録やアフターサービス等に関するデータを分析し、評価する活動を指します。ここで発見される事象が、品質管理の貴重な財産になります。
 
A:action
 発生した問題を繰り返さないための是正や、将来予想される問題を未然に防ぐための予防の活動を指します。お客様サービスから会社運営に関するものまで、すべてを対象とします。
 
 「D」のステージを充実させるのは当然ですが、そこで良質の成果を生み出すためには、「C」「A」のステージを経た上で「P」をスタートさせることがとても大切です。

このページのトップへ↑

㈱髙橋設計|品質マニュアル

現在運用中の品質マニュアル →  品質マニュアル2015版ver.1.pdf (3.8Mb)

品質マニュアル600.jpg

このページのトップへ↑