太陽光発電|屋根と一体化がオススメ!

最高の品質を目指す北上の設計事務所|㈱髙橋設計 > ★建築情報をみる  »  ・設備 > 太陽光発電|屋根と一体化がオススメ!

太陽光発電|屋根と一体化がオススメ!

2012年7月27日(金曜日) テーマ:★建築情報をみる・設備

  太陽光発電を屋根に採用される方が急増していますね。昔はコストがかかり住宅では手が出なかったものですが、最近は技術開発が進み、国の補助金等を使うと10年以内で元が取れるので、新築や大規模リフォームを考えている方は真剣に採用を検討したほうが良いでしょう。

  しかし、そこには大きな問題点も潜んでいるので要注意!住宅採用の歴史が浅く採用者も少ないため、太陽光発電から発生したトラブルは、意外と知られていないように思われます。

  住宅の屋根に太陽光パネルを設置する場合、次の問題をクリアしなければなりません。

太陽光パネル設置に関する問題点

1)屋根材を貫通してパネルを固定するため、そこから雨漏りが発生しやすい。

2)パネル設置面と他の面に温度差が発生し、小屋裏の水分が結露して野地板を腐巧させる。

3)太陽光パネルの裏側にたまった落ち葉などが、パネルの発熱で引火して火災をおこす。

4)施工する太陽光パネルメーカーに屋根の専門家がいないため、施工不良に気付かない。

  ここで、1)~3)は、すべてパネルを屋根に載せることから発生する問題です。

太陽光雨漏り1.jpg

  上の写真のような屋根で、雨漏りが発生しました。次の写真は、野地板を貫通したビスから水が浸入し、垂木を腐巧させている様子です。


太陽光パネル結露.jpg

  これを解決するため、最近では次の写真のように、金属屋根メーカーが開発した「屋根と太陽光パネルが一体化した製品」を採用する方が増えています。

屋根一体型太陽光パネル.jpg

  見た目がスッキリするだけでなく、施工がシンプルなので4)の問題に対しても安心です。

今後、新築ではこの形が主流になるかも・・・詳しいことは、気軽に弊社にお問い合せください。

(文献:日経アーキテクチュア2011-9-10、2012-6-25より)



メールアドレス

関連記事

脱炭素住宅|太陽光発電と家庭用蓄電池

脱炭素住宅|太陽光発電と家庭用蓄電池

2021年4月27日(火曜日)

コロナ対策に必要な換気量|ガイドライン改訂版

コロナ対策に必要な換気量|ガイドライン改訂版

2020年9月24日(木曜日)

部屋の定員と換気量の関係|新型コロナ対策

部屋の定員と換気量の関係|新型コロナ対策

2020年9月 1日(火曜日)

換気の方法|エアコンは換気設備?

換気の方法|エアコンは換気設備?

2020年6月 5日(金曜日)

エアコンの選び方|運転効率がポイント

エアコンの選び方|運転効率がポイント

2019年9月27日(金曜日)