大規模修繕に確認申請が必要!

最高の品質を目指す北上の設計事務所|㈱髙橋設計 > ★建築情報をみる > 大規模修繕に確認申請が必要!

大規模修繕に確認申請が必要!

2023年2月17日(金曜日) テーマ:★建築情報をみる・社会の変化

   日経アーキテクチュア2023年2月9日号に2025年問題の特集が掲載されました。そこには2025年に全面施行される改正建築基準法に伴う諸問題が挙げられていますが、そのひとつに「4号特例の縮小」があります。既に「4号建築物がなくなる?」という記事を紹介しましたが、ここでは木造建築物に対する大規模の修繕や模様替えについて話題にします。

 

大規模修繕w600.jpg

   既存の木造建築物に関する工事で、例えば2階建て以上または延べ面積200㎡を超える木造建築物の大規模改修については、これまでは4号建築物として省略されていた建築確認が、上の図のように2025年からは2号建築物となり必要になります。したがって構造耐力等の審査に必要な構造関係図書の提出を伴いますが、これを整備するにどれだけ時間を要するのでしょうか?ソーラーパネルを載せるわけではない単なる屋根の葺き替え工事さえもできなくなることが懸念されています。

(文献:日経アーキテクチュア2023-2-9)



メールアドレス

関連記事

床下の結露|設計段階で要チェック

床下の結露|設計段階で要チェック

2024年4月30日(火曜日)

建設業2024年問題

建設業2024年問題

2024年3月28日(木曜日)

能登半島地震に耐えた免振構造

能登半島地震に耐えた免振構造

2024年2月14日(水曜日)

構造設計にもAI導入!

構造設計にもAI導入!

2023年12月26日(火曜日)

電気代はまた安くなるか?

電気代はまた安くなるか?

2023年11月30日(木曜日)