電気代はまた安くなるか?

最高の品質を目指す北上の設計事務所|㈱髙橋設計 > ★建築情報をみる  »  ・社会の変化 > 電気代はまた安くなるか?

電気代はまた安くなるか?

2023年11月30日(木曜日) テーマ:★建築情報をみる・社会の変化

燃料費の上昇を受けて電気代の高騰が続いていましたが、2023年1月をピークに電気料金が安くなり、この夏にはウクライナ侵攻以前の水準に戻りました。皆さんはこれでホッと一息、この先またもとどおりに安くなるだろうと考えていませんか?それは大きな勘違いです。安くなったのは政府が「激変緩和措置」を発動したからであり、この原資の多くは国債なのです。つまり、未来の世代から借金してまでしてつくった大金を、政府がその場しのぎで浪費しているのが実態です。今後もエンドレスにこのバラマキを続けられるわけはありません。エネルギーの大部分を化石燃料の輸入に頼っている限り、燃料価格の上昇に伴って電気代も高くなると考えるべきでしょう。「住宅が省エネ・再エネを強化しなくても供給側がなんとかしてくれるだろう」と未だに様子見の建設関係者が多いようですが、電気代高騰に脅えることのない暮らしを実現するためには、住宅が主役となって省エネ・再エネを活用するしかあり得ないようです。

(文献:アーキテクチュア2023-11-23)



メールアドレス

関連記事

建設業2024年問題

建設業2024年問題

2024年3月28日(木曜日)

電気代はまた安くなるか?

電気代はまた安くなるか?

2023年11月30日(木曜日)

設計事務所の人材不足

設計事務所の人材不足

2023年9月29日(金曜日)

リスキリングのポイント

リスキリングのポイント

2023年5月29日(月曜日)

空き家問題の行方

空き家問題の行方

2023年3月27日(月曜日)