設計方針|景観&ユニバーサルデザイン

高橋設計の公式ブログ > ★必見!設計&工事内容  »  ・双葉幼稚園 > 設計方針|景観&ユニバーサルデザイン

設計方針|景観&ユニバーサルデザイン

2014年5月23日(金曜日) テーマ:★必見!設計&工事内容・双葉幼稚園
  双葉幼稚園改築の設計にあたり、髙橋設計では次のような設計方針を立てました。

景観に配慮
  中心市街地の道路に面して建設するため、ポケットパークを設置し、樹木を取り込んだ外観デザインを工夫しています。次の写真はイメージの説明用ですが、樹木の取り込みによって道路(人)への圧迫感が和らいでいることがわかります。
景観.jpg

ユニバーサルデザインの採用
  窓の腰高を低くする、扉の取手を縦長にする、階段手摺を2段にするなど、幼児のための構造とするのではなく、幼児と大人が同じ行動ができるさりげない配慮が施されています。
  今後、工事の進捗に合わせて紹介して行きますので、楽しみにしてください。


メールアドレス

関連記事

充実した幼児用トイレ

充実した幼児用トイレ

2015年1月 8日(木曜日)

収納できるワーキングデスク

収納できるワーキングデスク

2015年1月 8日(木曜日)

広い足洗い場

広い足洗い場

2015年1月 8日(木曜日)

図書コーナーに通ずる潜り抜け通路

図書コーナーに通ずる潜り抜け通路

2015年1月 5日(月曜日)

道路に面したパブリックベンチ

道路に面したパブリックベンチ

2015年1月 5日(月曜日)