・設備

最高の品質を目指す北上の設計事務所|㈱髙橋設計 > ★建築情報をみる » ・設備

・設備

大容量蓄電池による自給自足型住宅

大容量蓄電池による自給自足型住宅

   日経アーキテクチュア2022-6-9号にセキスイハイムのグリーンモデルが紹介されました。大容量の太陽光パネルと蓄電池を搭載し、独自のHEMS(ホームエネルギーマネジメ…

脱炭素住宅|太陽光発電と家庭用蓄電池

脱炭素住宅|太陽光発電と家庭用蓄電池

   CO2排出量の削減目標が発表され、一般住宅についても脱炭素が求められるようになりました。エネルギー消費を抑えるため、ZEH対応は当然という時代が目前までやってきていま…

コロナ対策に必要な換気量|ガイドライン改訂版

コロナ対策に必要な換気量|ガイドライン改訂版

  新型コロナウィルス感染防止のため部屋の換気が叫ばれていますが、定期報告の対象となる特殊な建築物については、建築基準法で換気設備の必要換気量が定められています。それによる…

部屋の定員と換気量の関係|新型コロナ対策

部屋の定員と換気量の関係|新型コロナ対策

   新型コロナウィルス感染防止のため部屋の換気が叫ばれていますが、定期報告の対象となる特殊な建築物については、建築基準法で換気設備の必要換気量が定められています。それによ…

換気の方法|エアコンは換気設備?

換気の方法|エアコンは換気設備?

   新型コロナウイルス感染防止対策のひとつに「密閉」の改善方法として「部屋の換気」が厚生労働省から推奨されています。    「換気の悪い密閉空間」を改…

エアコンの選び方|運転効率がポイント

エアコンの選び方|運転効率がポイント

  エアコンを購入する際、その能力をどのようにして選びますか?その最も簡単な目安が「8~10畳用」などの表示ですよね。しかし、これは1965年の推定法に基づき、断熱や日射遮蔽がない昔…

電気自動車|EVが住まいとつながる?

電気自動車|EVが住まいとつながる?

  最近、電気自動車(EV)の開発が進み、各社で販売が本格化しています。まだ価格が高くて購入できずにいる方が多いかもしれませんが、もしガソリン車と同じ価格になったら貴方はどちらを購入…

太陽光発電|屋根と一体化がオススメ!

太陽光発電|屋根と一体化がオススメ!

  太陽光発電を屋根に採用される方が急増していますね。昔はコストがかかり住宅では手が出なかったものですが、最近は技術開発が進み、国の補助金等を使うと10年以内で元が取れるので、新築や…

節電|オフィス照明の見直し

節電|オフィス照明の見直し

  東日本大震災以降、電力消費を抑えるため、オフィスの冷房や照明設備の使用を制限するなどの節電が行われています。これは、もはや社会常識になったと言っても過言ではないでしょう。ここでは…

メールアドレス